TOPICS トピックス 

第5回 おしゃ楽施工写真コンテスト結果発表

2018.03.16

第5回「おしゃ楽施工写真コンテスト」の結果発表です!

今回も、多くの方にご応募いただき、誠にありがとうございました!

優秀賞(2名)
優秀賞1
株式会社 岡本ガーデン 岡本 圭一郎 様 「KU様邸」
・フォレスト・ペイビング
・フォレスト・ソリッド
優秀賞2
セキスイデザインワークス株式会社
ザ・シーズン学園前 田村 哲也 様 「T様邸」
・フォレスト・ペイビング
・ガビオン ストーンボックスユニット
審査員特別賞
審査員特別賞
セキスイデザインワークス株式会社
ザ・シーズンオフィス神奈川 金子 雅彦 様「M様邸」
・クラウディーペイビング・シアンブルー
・フォレストペイビング・オールド
・揖斐黒石
グッドアイデア賞(3名)
グッドアイデア賞1
green thumbs up 伊藤 出 様「A様邸」
・丹波
・ミストラル・イエロー
・クラウディー・モス
・ガビオン パネル
グッドアイデア賞2
株式会社 庭屋 ナラティブ 杉浦 嘉彦 様「K様邸」
・オールドクレイジー
・フォレスト・ソリッド
グッドアイデア賞3
GREEN SPACE 株式会社 紅林 豊 様「O RESIDENCE 様」
・ベルジャン・スライス
・フォレスト・ペイビング
・ピエトラ・ビンテージ・ウォーリング
審査委員長
toolbox世田谷主宰・ガーデンアナリスト 黒田明雄氏
審査委員長からの講評

〈今回の審査ポイント〉
前回と同じで全体のデザイン、仕上がりも重要なポイントですが、おしゃ楽商品である積材と敷材の両方を使用した作品をより評価しています。
当然植栽もデザインの一部として考えました。石積・レンガ積の新しい方向性を見出す作品を探してみました。

〈講評〉
今回も前回同様、皆さんの日々の苦労を感じさせる力作揃いでした。残念ながら審査ポイントに掲げました『新しい方向性を感じさせる作品』に該当する圧倒的なものが無く「グランプリ」は有りませんでしたが、石の持つ質感、カラーを組み合わせた洋風、和風のエクステリア及びガーデンの作品が多く見られました。皆さんが予算という制限の中で苦労しながら、施主に提案する様子が想像できました。
今回トップに選んだ作品ですが、和庭の伝統技法を洋風のデッキの中に上手く落とし込んだところを評価しました。円形窓とフォレスト・ソリッドが印象的な使い方でしたし、夜間の照明も効果的でした。最近の新築住宅のほとんどは洋風だと思いますが、そこに和風の庭の要望だったり、洋風の庭に和の要素を取り込んで欲しいだったり、和と洋をセンス良くまとめることはとても重要なことだと思います。石材が洋と和を巧く繋いでくれることは間違いありません。本物志向の施主へ提案する上で石材は欠かせない資材です。石材を組み合わせた新たな提案を期待しています。

商品活用情報・展示会 一覧へ